TOP > チカンの恐怖。

 


 ← 買い物嫌いの憂鬱 | TOP | 億万長者?

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


チカンの恐怖。 

2007年01月16日 ()
気になるニュース * ニュース
IZAニュースより引用


映画「それでもボクはやってない」
 「Shall we ダンス?」などで知られる周防正行監督が、11年ぶりに製作した「それでもボクはやってない」。これまでの、コミカルな中に温かさがあふれていた作品と異なり、痴漢事件に翻弄(ほんろう)される若者を重く描いた今作は「日本のおかしい刑事裁判が主役」(周防監督)。「みんなに伝えなければという使命感でつくった」と話す周防監督と主演の加瀬亮に話を聞いた。(つづきは、IZAニュース



この映画の内容は怖いね。
無実なのに罪を認めると仮釈放などが認められて、
無実を主張し続けるといつまでも拘留されるという実態。
日本ってところは、すぐに目的と手段が逆になってしまう。

真犯人を逮捕する、もしくは、真実かどうかを明らかにするのが目的なのに、
「犯人」と本人に認めさせることが目的になっている。

たとえば仕事において、
会議で何を決めるかが大事なのに、会議を開くことが目的になってたりしませんか?
日本の捜査機関のひとたちは完全にこんな感じですねぇ...。


気をつけなくちゃねぇ。


とりあえず、電車の中では両手を上にしておきましょう!?
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.01.16(Tue) 08:08] 本のお勉強Trackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 買い物嫌いの憂鬱 | TOP | 億万長者?

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://steps315.blog78.fc2.com/tb.php/37-b820984f
 ← 買い物嫌いの憂鬱 | TOP | 億万長者?

最近の記事

プロフィール

SBM

いろいろ

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。